2021.12.20

相模原ラボ / 汚泥受託分析サービス開始

弊社は2021年12月20日より、「活性汚泥の状態を見える化」し、顧客の排水処理・汚泥管理に寄与していくべく、汚泥分析サービスを開始しました。

本サービスでは、相模原ラボでの微生物を利用した新しい水浄化システムの研究開発を進めていく中で得られた知見と分析技術を用いて、顧客ニーズにあわせ、汚泥に特化した最適な分析方法を提案してまいります。
従来の分析方法では難しかった多検体、多条件での比較試験を約30分弱という短い時間で測定が可能で、活性汚泥の状態をより細かに、かつほぼリアルタイムに分析することを実現しました。

なお、本サービス開始に伴い、特設サイトを開設しましたので、下記リンクよりご参照ください。
Web特設サイト: https://www.shibata.co.jp/bio-lp/

※本件に関するプレスリリースはコチラ