特許技術による活性炭自動再生機能付き

JS循環型排水浄化装置(活性炭再生機能付き)

この商品に関するお問い合わせ・ご相談

JS循環型排水浄化装置は、活性炭を容器内から取り出すことなく自動再生する、環境に優しいJトップ社製浄化装置です。食品排水等から排出される有機系排水が、活性炭カラムモジュールを通過することで、活性炭の吸着作用により、排水中の有機物は濾過浄化処理されます。その他、再生可能な活性炭に関するお問い合わせも受け付けております。

特徴

■使用活性炭は、ほぼ100%再生可能です。

特性損失の大きかった従来の再生方式とは異なり、吸着特性をほぼ100%まで再生することが可能になりました。

■高濃度の排水を、低コストで浄化します。

活性炭の購入コストを気にすることなく、活性炭の吸着特性を最大限に活かしたろ過方式にできるため、これまでの活性炭装置では難しかった高濃度の排水処理が可能になりました。

■タイマーでお好みの時間に自動再生可能です。

毎日の再生でも、ご負担なく、自動再生することが可能です。

■ランニングコストを大幅に削減します。

主なランニングコストは、再生にかかる費用のみ。定期的な活性炭の入れ替えや特別な薬剤等のコストが不要になります。

■コンパクトな設置面積です。

凝集沈澱処理や生物処理などに比べ、コンパクトな面積で、設置が可能です。

用途

    ■各種工場排水の処理

  • 一般凝集剤で処理か困難な排水(でんぷん、染色排水など)
  • 生物処理の負荷低減(BOD、COD等の前処理・後処理)
  • プロセス用水への再利用
  • ■温浴施設排水の処理(温泉・スーパー銭湯など)

  • 濁度、色度、TOC等の除去
  • 下水放流から河川放流に切り替えが可能
  • ■河川、湖沼、井戸水、雨水等の処理

  • 中水利用化
  • トイレ排水処理
  • 生活排水処理

想定される導入部

従来の活性炭再生方式との違い

項 目 従来の再生方法 自動再生(本装置)
交換費用 有料 0円
再生処理費用 外部に委託 通常運転のまま自動再生。
電気代等のエネルギー費用のみ
再生後の吸着性能 新品活性炭に比べ
吸着性能が20-30%
劣化する可能性あり
ほぼ劣化なし
再生後の重量 新品活性炭に比べ
重量が20-30%
損失する可能性あり
ほぼ損失なし

使用済みの活性炭の再生運搬費

有料 0円(オンサイトのため運搬不要)

活性炭評価専門機関による再生能力の分析結果

分析項目 単位 分析結果
繰返10回
再生活性炭
新品活性炭
ヨウ素吸着性能 mg/g 970 990
比表面積 m2/g 1020 1010
全細孔容積 ml/g 0.52 0.51
平均細孔径 n/m 2.0 2.0

仕様

形式 JS-50 JS-100 JS-200 JS-300 JS-400 JS-500
処理能力 50㎥/d
2.0㎥/h
100㎥/d
4.1㎥/h
200㎥/d
8.3㎥/h
300㎥/d
12.5㎥/h
400㎥/d
16.6㎥/h
500㎥/d
20.8㎥/h
再生に必要な電力(kW/h)
※加熱水蒸気発生用
25 35 35 40 60 65
ガス (N㎡/h)
(灯油、プロパンでも代用可能)
6 13 13 16 22 24
活性炭塔数 2塔 4塔 4塔 6塔 8塔 10塔
活性炭再生時間(h) 4 4 4 4 4 4
概算機器寸法(m)
幅 × 奥行 × 高さ
4.0×1.7×2.4 5.0×2.0×2.4 6.0×2.4×2.4 6.0×3.0×2.4 7.0×4.0×2.4 8.0×4.0×2.4

導入事例-温浴施設の排水浄化

導入のメリット

■排水の汚濁を河川放流基準値内に処理

シャワー系統・天然温泉の排水の臭気・泡立ち・白濁を、河川放流基準値内まで浄化処理できます。

■日量600㎥の排水を浄化処理することが可能

施設の規模に応じて日量600㎥の排水浄化処理までフレキシブルに対応が可能です。

■活性炭の交換不要でコスト削減

活性炭をオンサイトで自動再生し、繰り返し使用できるため、活性炭交換のコストが削減できます。

排水処理後の分析結果
  シャワー系統 天然温泉
分析項目 原水 処理水 原水 処理水
TOC(mg/L) 13.6 3.9 3.1 0.8
pH 7.1 8.3 7.9 8.6
濁度(FTU) 9.3 1.5 2.2 0.0

排水放流までの流れ

関連サイト

Jトップ株式会社 ※株式会社シバタは、Jトップの正規代理店です。

商品に関するご質問など、お気軽にお問い合わせ下さい